ちょっぴり背伸びして手に入れたい機械式時計。機械式時計は繊細な作りで高級品なイメージがあり、大人の雰囲気を醸し出してくれるアイテムです。ずっと使い続けられる機械式時計の選び方のポイントをここでは紹介します。自分へのご褒美やプレゼントなどの参考にしていたただければと思います。

機械式時計のデザイン

どんなデザインの機械式時計を購入しようか?値段は?トレンドは?合わせやすいシンプルなデザインか?いろいろ迷いますよね。そんな機械式時計のデザインを選ぶときにチェックしておきたいポイントを紹介します。とっておきの時計を見つけて下さいね。

機械式時計とベルト

機械式時計にはベルトの部分の素材がいくつかあります。一般的なのは金属製のブレスレットと呼ばれる素材です。革やラバーの素材のものもあります。時計は毎日身につけるものなので長年使用し続けられる機械式時計のベルトの素材についてここでは紹介していきたいと思います。

スイスの伝統的な時計ならパテックフィリップ

パテックフィリップは1839年、パテック、チャペック社として設立された時計を製作する会社で、ロンドンの万国博覧会にて著名人に賞賛され、1868年にはスイス最初の腕時計を製作した会社です。

金属製の機械式時計

金属製の機械式時計のメリット

金属製の機械式時計にはどんなメリットがあるのでしょうか。一番のメリットはやはり高級感や味わいがあるという点でしょう。特にステンレス製のものは上品な輝きを放っていて、腕につけた時の質感もしっとりとして高級感に溢れています。重厚感があるのも素敵ですね。パーツの一つ一つが繊細に仕上げられた精巧なつくりや、精密に動く歯車などが味があって素晴らしいです。金属製の機械式腕時計にはブランド物が多く、身に着けているだけでステータスとなるのもメリットですね。 他にも様々なメリットがあり、機械式時計には様々な機能を追加することができます。分解して修理することも可能であり、長く愛用できるのが嬉しいです。将来的に資産価値を生み出す可能性があるのも機械式時計ならではのメリットです。

金属製の機械式時計のデメリット

金属製の機械式時計はクォーツ時計と比べて、時間の精度に欠けるのがいちばんのデメリットです。クォーツ時計は月差が15から30秒ほどしかないという驚くべき精度を誇る一方で、機械式時計は日差が20秒以内ならば正常とされています。これを見ると、精度という点に関してはクォーツの方が高いと言わざるをえないでしょう。しかし、毎日時計の時間をなおせば日常生活に支障はないです。機械時計は造りがとても複雑であり、磁器や衝撃によって狂いやすいのもデメリットとなっています。 機械式時計の価格はクォーツ時計よりも高価であり、メンテナンスを行うのにも費用がかかってしまいます。こまめな手入れも必要となり、手間とコストがかかるのがデメリットと言えるでしょう。