ラバーのベルトの機械式時計

ラバーベルトのメリット

機械式の時計には様々な素材のベルトが採用されていますが、そのなかの一つにラバー製のベルトが存在します。このラバーベルトには、他にはない多くのメリットがあります。まずラバー製、つまりゴムで作られたベルトであるため軽く、長時間着用していても腕に疲れを感じにくいのです。また他の素材のベルトよりも汚れが付きにくく、綺麗でスマートな見た目を維持しやすいのも特徴です。さらに開発企業側のメリットとして、低コストで大量に開発、生産できることが挙げられます。これによって、リーズナブルな価格で販売することが可能なのです。カラーリングやデザインがしやすいのもメリットの一つであり、男性向けや女性向け、キッズ向けなど数多くのラバーベルト製機械式時計が流通しています。

ラバーベルトのデメリット

機械式時計に使われることの多いラバー製のベルトですが、デメリットも少なからず存在します。その一つとして挙げられるのが、通気性があまり良くないことです。そのため夏の暑い季節やジョギングの際などに身に付けると、汗が乾きにくく蒸れてしまうことがあります。また他よりも耐久性が低いため、傷や亀裂が付きやすいのもデメリットです。汚れが付きにくいことで人気のラバーベルトですが、素材の関係上、においが染みつきやすく取れにくいため、もし汚れが付いた場合はなるべく早く拭き取る必要もあります。さらに革製のベルトなどよりも表面が固いため、肌にぶつかったり位置がずれたりしたときに、皮膚に赤みがさすこともあるので注意が必要です。